スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細かいバグ発覚?そしてノーパン魔法使い

アプデしたばっかりですが、自分で細かいバグを幾つか発見。
何度もテストしたはずなのですが、見落としていたようです。
ここに来て個人製作の大変さを改めて痛感。

・マキナの必殺技バスターカノンのHITエフェクトがおかしい(殴りになっている)
・オボロでアフターグロウタウンのアイテム屋に入れない(他キャラは入れる)


詰んでしまうようなバグではないのがまだ救いですが、
他にもないか少し調査してからアップデートを行いたいです。
上記の技やキャラを扱わないプレイヤーなら今のバージョンでも問題ないかと思います。


これだけでもなんなので、追記にておまけのキャラ設定
ドローネ

●ドローネ (エリア5のボス)
身長:156
種族:猫族獣人
性別:♀
武器:魔法
好き:ボンテージ、女
嫌い:男、パンツ
一人称:私
座右の銘:唯我独尊
スリーサイズ:88:62:90 (割と適当に書いてます)

世間をアッと言わせるような大魔道師になることが夢で、
日夜魔法の研究に励んでいる猫族獣人の女。
他者とのコミュニケーション能力に乏しく
思想は過激で研究第一、なので時には危険な実験も平気で行う為に
ついには危険人物扱いで指名手配までされてしまう。
路頭に迷っていた所をブラックデウスに拾われ、
魔法の研究施設を与える代わりに、機械帝国の作戦に加担するという契約を結ぶ。
しかし、強気に見えて根は臆病者なため、亜人とは戦わず魔法の研究ばかりしていた。

衣装に関しては、
下着を身に付けてしまうと魔法の調子が悪くなる、と思い込んでいるため。
魔法アカデミーに通っていた時代は地味な風貌だったが、
時を経て、「周りをギャワンと言わせてやる」という野心と共に隠していた趣味が
解放されたのである。

因みに女好きと言っても見境がないわけでなく意外と純情派。

●ジェスター
ドローネが研究していた九十九式魔法術によって
生き物のように振舞うようになった帽子。

九十九式魔法術とは
「使い古された道具や物に魔力を与え続け、ついには生き物のように振舞わせる」という古魔術。
ソーサランドが出来る以前より存在した失われた魔術と言われており、
ブラックデウスがドローネに研究させていた。
生物の理を持たない魔物が自然発生する原理にも繋がっていると言われる。

ジェスターは沢山の失敗の果てにようやく成功した貴重な例。
自分で考え喋ることができ、少しではあるが魔法を操ることもできる。
因みに九十九はツクモと読み、日本の民間伝承の付喪神が元。

本当はお喋りでデモ中で結構喋らせる予定だったが
長くなりそうなのでズバッとカットされた可哀想な奴。
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非表示様>
コメントありがとうございます。
調整が難しい所も多くなってきたのでご感想を頂けてとても助かります。

■無敵時間
うーんやっぱりちょっと長かったですか。
ドローネやネロネは攻撃力を高くしたから大丈夫かな?
と思っていましたが、折角の弾幕が機能しなくなるのは厄介ですね。

確かに、ボスでもステージでもわざと食らって前進戦法が出来ちゃいますよね。
うーん
1秒→0.5秒。必要かもしれませんね。

アプデする前にこちらでもテストしてみますが、縮める方向で考えてみます。

■マキナのスクリューミキサー
無敵時間がついた事で更に万能になってしまいましたからね。

ハネコプはとりあえずいいとして、スクリューも確かに強いですね。
実は最初期は攻撃力が2×3=6という結構やばい技でした。
現在はちょっと弱体化して2×2=4となりましたが、
横Aと同じ威力で持続時間が長くて全身判定で弾消しし易いというのは
それでもまだ強かったですね。

では1×3にしてみようかと思います。
ヒット数は増えてしまいますが、敵の目前で出さないと3ヒットはしないので
ダメージの安定性は下がるはずです。
しかし「周囲に攻撃が出来る持続時間の長い攻撃」という特徴はそのままなので
上手いこと横Aと使い分けができる・・・はずでしょう。

あとはスクリューの連続使用も強かったので、
攻撃後の硬直を0.1秒ぐらい遅らせて連射性を下げてバランスを取ってみます。

■オボロについて
バランス取れたみたいで良かったです。

と、安定した所をまた乱すようで申し訳ないのですが
次回オボロの攻撃を一種増やす予定です。
空中上Aを追加して、対空迎撃を少し強める試みです。
今まではあえてデメリットとして付けなかったのですが、
オボロにとって空中の相手に後手に回るというのは
想定以上にデメリットが大きかったかなと。

一応褌魂脚の存在はありますが、通常技の方でも少しカバーできれば
マキナの対空万能1人勝ち状態を少し和らげる事ができ、
オボロとしても手を休めないで攻められるので良いかなと。

■ネロネについて
普段がマスコット体系なのでハイパースタリオンで
ここぞとばかりに美人系にしてみました。

マキナをそこまで気に入って頂いて嬉しい限りです。
自分的にも彼らは好きなキャラなので、
そういうストーリーとはいえ可哀想な事をさせてしまったなと。

彼の内面を少しお話すると、プロフィール棚に「にがて:機械的思考」とあるように
マキナはボットとしての自分は好きじゃないんです。
それは戦闘ボットとして生まれた自分を否定し、生き物のように暮らすことが
マキナという人格やアイデンティティになっているからです。

なので平和を優先してネロネを殺したのは選択としては正しいのですが、
それは機械的選択そのもので、自分の最も嫌いな部分で兄弟を殺したという事になるので相当絶望しているはず。
それでもソーサランドを守るという任務が残っているので表には出しませんが。

■製作の大変さ
なので拾いきれないバグが多々あって
折角買って頂いた皆さんには申し訳ないです。
ご報告頂いて凄く助かっています。
もしまたお気づきの点があればお気軽にご報告下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

非表示様>
コメント、ご報告ありがとうございます。

■オボロの手裏剣が画面端で不発
そのとおり、これはマキナのプランスボムと同じ現象で、
アクツクではプレイヤーの弾が画面外に出たら強制消滅されるというものです。
アイテムなどでも同じ現象が起こってしまうので、頭を悩まされるところです。
完全にツールの仕様なので修正は不可能です・・・申し訳ありません。

■ふっとびダメージを受けた後の謎の横感性
実はこれ、存在が分かっていながら原因がよくわからなかった所でした。
ですが改めて調査してみた所、ようやく何か分かった気がするので
修正してみたいと思います。
恐らく次のアップデートで直っている・・・はず。

■スノーデビル洞窟の処理落ちがすごい
うーん、他ステージとの違いがあるとしたら
やっぱ水面ガジェットだと思うんですけどねぇ・・・
うーんどうなんだろう。
PCのスペックによって変わる部分でしょうし、
対応が難しいんですよねぇ・・・うーん。
メモリが関係しているのもあると思うので、
処理が軽くなるようにゲーム中は裏で何も起動しないってのも有効だと思います。

■無敵時間を実装して
5-3の最後などの密集地帯はやっぱ簡単になってしまいましたねぇ・・・。
でもまぁ以前から無敵必殺で突進すれば割と難なくいけたので、仕方ない所かもしれませんね。
こちらで一応無敵時間0.5秒でテストしてみたのですが、
逆に短すぎる気もしたので、間を挟んで0.7秒でアップデートしてみたいと思います。

ドローネは確かに動きを見切ってしまえば一番押せるボスかもしれませんね。
弾の間隔を空ける・・・実は最初がこれであんまり強くなかったんですよね。
弾速を遅く・・・うーんどうでしょう。
色々考えてみます。

■マキナのスクリュー
なるほど、横Aの心配はそんなになさそうですね。
スクリューは自分的に見た目が気に入っている技だったので
ついつい無意識的に強くしてしまったのかもしれませんね。

■対空迎撃
なるほど。空中上Aの追加はどうやら正解みたいですね。安心しました。
恐らくはよりオボロらしい活躍ができるようになるでしょう。

そうなると仰る通り褌魂脚がかえって上に判定が強すぎという事になりますね・・・
ショートカットも含めて移動じゃ確かにトップ。
しかし、一応隠しキャラでもありますしそれぐらいの特権はあってもいいかも。
実は6-4で相当ショートカットできてしまうのは
かえって忍者キャラらしいかも・・・って思ってそのままにしてた部分でもありました。

ですが今後の製作で、ここはどうしても苦戦させたいぞ!って所は
この辺も踏まえて慎重に作ってみたいと思います。(ラストステージとか)

■マキナの内面
6-5跡地についてですが、
ネロネの遺体はエリア7クリア後に回収される予定です。
一応今はソーサランド救援が最優先されている戦況なので。

ボットの寿命に関してなのですが、
かなり長いはずです。恐らく壊れない限り半永久的?
でも跡地でのマキナの台詞にもあるとおり、彼はネロネを失ってから
強く自身の終わりを意識しており、いつ戦場で散ってもいいと考えています。
この先ネロネが居ないままボットとしての長い時間を過ごすわけですからね。

いかん・・・どう考えてもマキナのお先真っ暗だ・・・
本来バッドな展開は好きじゃないんですけどねぇ・・・うーむ・・・

■最後に
沢山のご感想、ご報告ありがとうございます。
今後の製作の参考にさせて頂きます。

戦闘外の事

そういえばアリーネス達ってステージ間の移動手段は徒歩に見えますが
一つの国を奥まで行って帰ってくるまでに何日間かかってるんだろうなぁとふと思いました
想像だと一つの国が北海道くらいの広さで往復は1週間といったところだと思っています
なにより気になるのは宿泊は村で泊まるのが一番でしょうけど野宿の場合テントの中で3人で寝てるのかなと思うとにやけが止まりませんね
衣服の洗濯で半日足止めを食らうとか想像したい

No title

名無しさん>
コメントありがとうございます。

ギクッ気づかれましたか。
恐らくは中々の日数がかかっているでしょうね。
一応彼らは身体機能に優れている獣人や機械なので、人間計算よりは早く到着できるはずですが、
それでも大変な使いっぱしりですよね全く(笑)

実はストーリーを考える時点に結構悩んだ点でして、
宿機能を兼ね備えた乗り物とか何やらも考えたのですが、
そうすると安全度が増して途中で戦わなくてもイケちゃうんじゃ?
と思って、ゲームの流れを優先して今の形となりました。

旅の最中を想像するのは実に楽しいですね。
テント張ってる所とか、焚き火囲んでご飯食べてるところとか、寝てるところとか。
ここでもマキナの羽がやっぱり便利に働くようで、
川の水を使って洗ったり扇風機のように回して乾かしたりとかしてそうです。家電としても優秀・・・?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。