スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁に囲まれた

メモリ不足の件

あんまり仕様との格闘ばかり書くのも
見てる側としては面白くないだろうと思い、追記に追いやる。
■前回までのあらすじ

書き出し時間の大幅短縮に成功したぞ!
これできっと完成まで作りこんでいけるはずだ!
きてる!流れが来てるぞ!

↓↓↓

メモリ不足
今度は普通にメモリ不足だーうわー


メモリ食いすぎ
それもそうかも、すでにアクツク起動してるだけで結構な負荷が


あと普通に保存失敗とか読み込み失敗が多発するようになりました。
というか、この前100ガジェットぐらい削ったばかりなのにおかしい。
エネミーラッシュ用の敵が32だってガジェットぐらい減ったので、
動作プログラムも2240ぐらい軽くなってるんだ。

書き出し時間を減らした所で関係ないのか。
いずれにせよ、ツールが止まるような要因は多方向から同時に押し寄せてくるようだ。

①ガジェットの作りすぎによるテストプレイ、書き出し時間の負担
②容量UPによるメモリ負荷
③絶対他にも罠が隠れている。

因みに、当然これらは全て目安が明確になっているはずもないので
作者が体感で感じなければならない。
どこで止まるのか?それは止まるまでわかんねーぜってこと。ひーたまんねー。って当然か。


今までやることは一通りやってきたはず?
・png画像の容量を削減
・waveのADPCM化によるサイズ縮小、
・小物ガジェットの統合による書き出し時間の大幅軽減
・当然、作業時に裏では何も起動してない。メモリ負荷を最小限に。

何回か限界を乗り越えたものの今回はかなりやばい。
困った。どうしたものか。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。