スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まよわずの森の謎

体験版をダウンロードして下さった皆様ありがとうございます!
僕の好きな物をいっぱい詰め込んでおります。楽しんで貰えていたら嬉しいなぁ。

ところでDLsiteは体験版だとダウンロード数は出ないんですよね。
どのぐらいダウンロードされたのかなぁ。沢山の人にやってもらえてたらいいな。

IMG_0518.jpg
↑作業には欠かせないホワイトボード。
テストプレイ起動するのに1分2分かかるようになってしまったので、
バグや思いついた物を一気にまとめてメモしておく為の物。
解決したらすぐ消して、また書いて消して、とても便利。

何となく落書きできるのも嬉しい。



ところでタイトルの話。
変な地名ばっかりのソーサランドですが、
とりわけ「まよわずの森」を変な名前だなぁと思われる方もいたはず。
僕は結構、どうでも良い裏設定とか考えるのが好きな方で
勿論これにも意味があって名づけられています。

↓折角のブログなので、ちょっと突っ込んだ話でも。

------------------------------------------------------------------
アルハ村から東に位置する大きな森。
広大で一度迷ったら抜け出せそうにないような森にも関わらず
迷子が出てもそのまま遭難せず、何故だか翌日には無傷で必ず帰ってきた事が
付近の住民に不思議がられ…いつしかその名前で呼ばれるようになった。
迷子になった子供曰く、「光ったキツネさんが道案内してくれた」だそうだ。

また、不用意に森の深くを探索しようとすると、急なかまいたちによって
荷物が切られたり、不気味な気配と共にささやき声が聞こえるなど、
不可解な現象が多々報告されている。
その為、付近の住民には深入りしないようにと口々に伝えられている…。


実は体験版でも、まよわずの森の隠しマップに入る事により
製品版で追加する予定キャラのオボロに会える。
多重結界
↑オボロが設置した多重結界




森の秘密の正体はこれだ。
その奥には忍の里があり、その秘密を守る為に
彼女達が術を使い、足を踏み入れてはならない領域として演出していたのだ。

忍の里には独自の暗殺拳と魔法(術と呼ばれている)が伝えられており、
そこに住む者達はそれらの技術を磨き、裏で依頼を受けたり、時には影で世直し活動も行っている。


忍の伝統は相当ルーツが古いのは間違いないのだが、
現在、里に伝わっているものは、もはや正式なそれとは言えない。
大半の情報が長い歴史の中で失われており、知識や技術のほとんどが
独自で補完せざるを得なく、曲解して伝わったような物ばかりだそうだ。
(言わば未来の日本でアメリカンニンジャが正史だと信じられているような感じ)

彼女らがフンドシ姿なのもそうだ。里の者はそれが忍の正装だと思っている。

オボロ2


リアル頭身とドット絵頭身の描き分けが難しい…
カウラとかも結構背が高いはず。そして太いはず。

追記はアンケートコメの返信
>>■丁度いいバランス
>>体験版内でバランスが取れてますが、製品版ならエリア1はもっと簡単な方がいいかも。落下ポイントが特に

なるほど…確かに全体的なバランスで見たら、
このままエリア5ぐらいまで行ったとしたら相当難易度高くなってしまいますからね…
後の方も考えて、エリア1は難易度落とそうと思います。特に落下しやすい所ですね?了解しました。
ご報告ありがとうございました!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。