fc2ブログ

マシンランドの使者

現在、調整と格闘中。
もうすぐ体験版の修正版が出せると思います。


---------------------------------------------------------------
今回はデモの中で少し登場したマシンランドの使者の個人設定を紹介。
デモ
ほとんど作中で語る意味が無く、少しでも文字を減らす為に省いております。

デモ2
ブログが裏設定吐き出し場所になりつつありますね。

ケビン

■ケビン

かつての大戦を生き抜いた獣人アンドロイドの英雄。犬族男性。
戦闘時にはサイバースーツを装着し、ビームブレードで戦う。
大戦が終了してからは自衛軍から名誉除隊。
その後はマシンランド内の警察署に勤めていた。
性格は爽やかで気さくな優等生。趣味はスポーツ。(するのも観戦するのも)

因みに彼は子供の頃、正義のヒーローに憧れていたらしく、
戦闘スタイルも影響を受けているそうだ。
彼が「装着!」と叫ぶと、一瞬の内に粒子が彼の体を纏い、輝く鎧が装着されるのだ。
(この際無意味なポーズを取って名乗る)

「ええ、最初見たときは、ただびっくりしましたよ。
 テレビのヒーロー番組みたいでしたもん。好きなんでしょうね。(笑)
 とりあえず、どのリアクションが正解か分からなかったんで拍手しておきました。
 そこ以外は憧れる上司だったんですけどねぇ…未だに独身なのも分かります。」(当時の部下談)



■マーク軍曹
かつての大戦を生き抜いた鳥人アンドロイド。男性。
性格は皮肉屋でニヒルだが正義感は強い。
大戦が終了してからも自衛軍に残り教官をしていた。趣味は小説を読むこと。書く事。

スマイス
■スマイス爺さん
基本的には争いを好まない温和な性格。
召集される前は公園のベンチで日がな一日のんびり暮らす老犬族だったが。
その正体は、第一世代アンドロイドで数々の大戦を戦い抜いてきた兵。
旧式でロートルではあるものの、その居合い抜きの技術は衰えを感じさせない。

製品版では出番なしと言ってもいいはず。
元々ただの背景キャラの埋め合わせで作っただけなので・・・。
でも強い老人キャラというのが大好きなので、設定だけ膨らんでしまったという。
きっとマシンランドの使者としてどこかの街の防衛を任されているのでしょう。

レナード
■レナード大佐
かつての大戦を生き抜いた戦闘用ボット。
日常生活時も比較的大型のボットではあるのだが
戦闘時には更に大型の重量級ボディで戦う。

趣味は読書。
無骨な見た目に反し、戦闘用ボットの存在意義について
常に考えている理知的な部分がある。
ケビンは当時の部下。

製品版では結構出番があるはずです。

ネロネとマキナ

体験版で語りきれなかった設定。
ちょいちょい登場したネロネの設定を少し公開。
製品版では結構ストーリーに絡んでくるかと思います。

ネロネ



ネロネ (♂)

■設定
マキナと同じく、過去の大戦時代に作られた戦闘用ボット。
子馬型のボットは他にも数体存在するが、
彼ら2機は同時に作られ、共通する機構を持つ部分が多いので、実質兄弟機と言える。
ふたりでチームを組み、大いに活躍したそうな。

因みに性別の概念があるのは、マキナと同じで生体素材を持つ為。
なのでボットでありながら、亜人やアンドロイドのように食事やその他もろもろ趣向を楽しむ事ができる。


■武装
武器はマキナと同様、ナノマシンウイングによる変幻自在攻撃。
ネロネはレーザーなどの光学兵器を使う率が高い。
羽が胴体に設置しているデザインなのは、
蝙蝠型の羽である事を強調したいというデザイン的な都合なだけで、
別にマキナのように切り離した状態で使えないわけではない。

また、マキナよりも重量が軽く装甲が薄い分、
高速戦闘も可能である。


■性格
性格はマキナとは対照的で天真爛漫で無邪気。
趣味はコミック集めと、好きなコミックの衣装を自作して着たり作品を創作すること。

ネロネぼよーん2
MLPをご存知の方ならすぐ分かったかと思いますが、
動きなどピンキーちゃんに影響されている節があります。



■足に光るラインの謎
エリア1-6クリアデモ

マキナ、ネロネに共通する足に走るラインですが、
これは間接ではなく模様みたいなもの。

当初は間接のつもりで馬の関節に対応する数だけ
足にラインを引いていたのですが、そうするとドット絵上での
情報量が増えて見栄えが悪くなってしまったので・・・

かと言って何も無いのも寂しいと思ったので、
対応するカラーのラインを一本だけ足に残したわけです。
上でも説明しているとおり、体は生体素材なので
このラインの有無に関係なく、間接は普通の子馬と同じように動くことになります。

ところでこのデモシーン、ネロネの後ろ足のラインを描き忘れていますね。


■名前の由来
マキナとネロネは開発当時、形式番号で呼ばれるだけの戦闘用ボットであった。
現在付いている名前は、そんな彼らが自分達の存在を確立する為に、互いに名づけ合ったものなのだ。
マキナの由来はそのまんま機械の意味。特にひねりは無く響きが良いので付けただけ。
ネロネの由来は花の名前。ネリネではありません。黒百合のネロネです。
画像を検索すると分かりますが、赤と黒の色をした百合の花で、彼女の見た目に合う名前になっています。
マキナの趣味がガーデニングで、花が好きというのにも通じているのです。

百合なのにオスなのは・・・まぁ・・・うん。男の娘?だし。

体験版のバランス修正版のアップを考え中

カウラとキャトラ

とりわけ危ない設定が匂う牛コンビ
カウラ♀ キャトラ♂♀

顔グラ2のコピー
顔グラ。あとで鎧をかぶせるために無駄にエプロンなしが作ってあったり・・・
ギリギリだけどB地区描かなければ大丈夫。



追記はアンケート返信
~~~~~~~製作に関して~~~~~~~

皆様プレイいただきありがとうございます!
また応援してくださってる皆様、広めて下さっている皆様、ありがとうございます!

ソーサランドの体験版ですが、数々のご意見を頂き
自分のプレイだけでは見えてこない側面が分かってきて、とても参考になっております。


本格的に製品版の製作に入る前に、まず体験版のバランスや細かい点の修正版をアップしたいと思っています
また、製品版の製作に着手すると、もう体験版のみでの細かい修正はできなくなるかもしれません。
(内部スイッチやメモリーをいじると、セーブデータの再利用ができないのです。
 まぁ今の所エリア1のみなので引継ぎできなくてもそこまで大事に至らないかもしれませんが・・・)


------------------------------------------------------------
というわけで体験版の修正したいぞリスト

①敵に押されて壁にめり込むのを何とかする
 敵ガジェットの壁タイル当たり判定を、食らい判定よりも大きくとる事で、プレイヤーを壁の中にまで押し込まないようにする方法。ただ、完全に全ての壁埋まりを回避できるかはまだ不明・・・

図解。こんな感じ

[ ■ ]

[]…壁ぶつかり判定 ■…敵、及びプレイヤーとの当たり判定 ○…プレイヤー

| 壁 |[○■ ]
つまりこうなれば、敵はこれ以上プレイヤーを押すことができず、壁に埋まらないわけだ。

②フィールドで選択された場所のアイコンに、キャラの小さい絵を設置する
 ・・・現在のアイコンが光る仕様だけじゃわかりにくいとのことで

③1度クリアしたマップに限り、スタート地点より左へ進むと出られるようにする
 ・・・間違って入ってしまった時の対処法です。現在、クリアかゲームオーバーしかそこを抜ける方法がないので。

④マップ突入する際に「このマップに入りますか?はいorいいえ」の表示をつける
 ・・・間違って押して突入する事があるようで

⑤リトライボタンを作る(キャラ待機時にバックボタンを長押しでカウントダウン開始。0で脱出。ただし残機は1減る。)
 ・・・壁はまりによってゲーム的に詰んでしまう事への対処法です。
    あまり万能すぎると通常時でも使えてしまうので、残機を減らす事にしました。ごめんなさい。

⑥アリーネスの通常被ダメージ時の、のけぞりを少し減らす
 ・・・どうも落下事故が想像していたよりも多いようなので・・・ラビーナはそういう特性なのでともかく、
    スタンダートなアリーネスは少し減らした方がいいかなと
    ただし敵が使ってくる吹き飛ばし属性の吹っ飛ばされ距離はそのまま。

⑦マキナの必殺、「プランスボム」の性質を若干変更
 ・・・通常投擲時のボムの移動速度を少しあげる。(使っててなんか遅い気がしたので)
 ・・・↑押しプランスボムの、2バウンド以降も同じぐらい高く跳ねさせる。

⑧村で会話ウィンドウを開いた時、たまに画面がずれる不具合を解消する。
 ・・・実はこれ、回避方法にかなり悩んでいたのですが、
    ようやく解決案が見つかったので修正したいと思います。

⑨スコアが10万点越したら0に戻るように
 ・・・製品版ではスコア1UP制を店システムで補うように考えているので、
    10万から上の設定をしていません。すみませんが体験版では0に戻るようにします。

⑩少し難易度を下げてみる
 ・・・ホッピングボット(やじろべえみたいなやつ)のHPを下げてみる。 意外と凶悪なので。
 ・・・落下ポイント周辺を少し難易度下げる。主にステージ3ドデッカキャニオンと、ステージ5コーダイン平原
 ・・・機雷が爆発するタイミングを少し遅らせてみる。こいつの存在も凶悪だったかもしれない。
    ただしエリア2以降では従来のようにすぐ爆発する上位機雷を出すかも

※まだアップしてません。近日中にアップしますので
 完了しましたらここでご報告致します。

とりあえずこんな感じです。
ブログや紹介動画の中で要望が強かった物で、修正可能と判断した物が中心です。
また、修正したくてもどうしてもできないご要望もあり、作者ができる範囲でとなっています・・・すみません。


追記はアンケート返信

続きを読む »

限りなくボツに近いネタ

ソーサランド製品版にするにあたって、お店システムを実装したいという話ですが
その中の案に衣装屋さんというのもありました。
文字通り、キャラの別衣装を買って着せ替えする感じです。
更にこれで防御力とか変わったら面白そうだなーって。
子ガジェが親カジェと同じアニメの動きをするアクツクの性質を利用して、
キャラの素体さえ作れば、上から服をかぶて着せ替えごっこが理論上可能のはず。

同キャラのマイナーチェンジって凄く好きなんですよね。

ただ、やっぱり作業量の多さが目に見えているので
これは無闇に手を出してはいけないシステムだなと判断。
なによりまずはストーリーを完成させなきゃいけませんからね。
優先順位は

ストーリー製作>>>新キャラ>お店システム


でも色々妄想は尽きないわけで・・・
風呂入りながら、ご飯を食べながら色々考えたりしちゃいますよね。

続きを読む »

まよわずの森の謎

体験版をダウンロードして下さった皆様ありがとうございます!
僕の好きな物をいっぱい詰め込んでおります。楽しんで貰えていたら嬉しいなぁ。

ところでDLsiteは体験版だとダウンロード数は出ないんですよね。
どのぐらいダウンロードされたのかなぁ。沢山の人にやってもらえてたらいいな。

IMG_0518.jpg
↑作業には欠かせないホワイトボード。
テストプレイ起動するのに1分2分かかるようになってしまったので、
バグや思いついた物を一気にまとめてメモしておく為の物。
解決したらすぐ消して、また書いて消して、とても便利。

何となく落書きできるのも嬉しい。



ところでタイトルの話。
変な地名ばっかりのソーサランドですが、
とりわけ「まよわずの森」を変な名前だなぁと思われる方もいたはず。
僕は結構、どうでも良い裏設定とか考えるのが好きな方で
勿論これにも意味があって名づけられています。

↓折角のブログなので、ちょっと突っ込んだ話でも。

------------------------------------------------------------------
アルハ村から東に位置する大きな森。
広大で一度迷ったら抜け出せそうにないような森にも関わらず
迷子が出てもそのまま遭難せず、何故だか翌日には無傷で必ず帰ってきた事が
付近の住民に不思議がられ…いつしかその名前で呼ばれるようになった。
迷子になった子供曰く、「光ったキツネさんが道案内してくれた」だそうだ。

また、不用意に森の深くを探索しようとすると、急なかまいたちによって
荷物が切られたり、不気味な気配と共にささやき声が聞こえるなど、
不可解な現象が多々報告されている。
その為、付近の住民には深入りしないようにと口々に伝えられている…。


実は体験版でも、まよわずの森の隠しマップに入る事により
製品版で追加する予定キャラのオボロに会える。
多重結界
↑オボロが設置した多重結界




森の秘密の正体はこれだ。
その奥には忍の里があり、その秘密を守る為に
彼女達が術を使い、足を踏み入れてはならない領域として演出していたのだ。

忍の里には独自の暗殺拳と魔法(術と呼ばれている)が伝えられており、
そこに住む者達はそれらの技術を磨き、裏で依頼を受けたり、時には影で世直し活動も行っている。


忍の伝統は相当ルーツが古いのは間違いないのだが、
現在、里に伝わっているものは、もはや正式なそれとは言えない。
大半の情報が長い歴史の中で失われており、知識や技術のほとんどが
独自で補完せざるを得なく、曲解して伝わったような物ばかりだそうだ。
(言わば未来の日本でアメリカンニンジャが正史だと信じられているような感じ)

彼女らがフンドシ姿なのもそうだ。里の者はそれが忍の正装だと思っている。

オボロ2


リアル頭身とドット絵頭身の描き分けが難しい…
カウラとかも結構背が高いはず。そして太いはず。

追記はアンケートコメの返信

続きを読む »

体験版公開


やっと体験版を公開できました…。大変だったなぁ。でも頑張って良かった!
まだまだ本番はこれからですけどね!

説明書




こちらは紹介動画です。



因みにブログの右側にアンケを設置しました。
難易度的にはどうなんだろう…
自分で繰り返しプレイしていると、慣れてしまってそんなに難しく感じなくなってくるのが難しいですよね。


追記はアンケ内コメントへの返信

続きを読む »